地獄で仏に会ったよう(じごくでほとけにあったよう) » 未分類 » 毎年恒例の「箱根駅伝」を見て思ったこと

毎年恒例の「箱根駅伝」を見て思ったこと

読了までの目安時間:約 2分

毎年正月は箱根駅伝をみることが習慣になっています。しかも一家揃って。視聴率も高く、私を含め皆がひきつけられる理由、それはドラマ性にあるのではないかと思います。この日のために血の滲むような練習をし、周囲の期待やTV報道などのプレッシャーに押しつぶされそうになりながらもたすきを繋ごうと走るその姿には誰もが「頑張れ!」と言わずにはいられない魅力があります。たすきを無事渡せるところもあれば、時間の繰上げで、渡せず涙する大学もありますが、自分の区間を走り終え、倒れるように仲間に抱きとめられる選手を見て、一人として死に物狂いで走らなかった選手などいないということが伝わってきます。

 

特に最近強豪校として認知されている青山学院の選手、山の神「神野選手」は故障が続き、活躍が危ぶまれる中、見事優勝し、感動を呼びました。勝ち続けなくはいけないプレッシャーは人一倍だったことでしょう。しかし誰もが主人公、誰が勝ってもエールを送りたい。それが箱根駅伝なのです。選手全員に心から「お疲れ様でした」といいたいです。そしてまた来年、再来年もこの先ずっと感動を味わうべく、見続けていきたいと思いました。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報